株式会社デンタキ
TOP >
防犯・飛散防止対策 
イメージ
TOP
ビルメンテナンスメニュー
ハウスクリーニングメニュー
マンションクリーニングメニュー
取扱商品一覧
施工事例
会社概要
採用案内




防犯・飛散防止対策

飛散防止対策

多発する子どもの被害
ガラス破損事故の多くは家庭内で発生しています。
その過半数は15歳以下の子どもが被害者となっています。
ガラスは、割れると一瞬にして凶器となってしまう危険が潜んでいます。強靭なフィルムが鋭い破片の飛散を防止します。

地震や台風などの自然災害
ガラスが破損した場合には、風雨による被害が室内に及んだり、破片が飛散したり落下することで二次被害が拡大する恐れがあります。
地震や災害のほか故意による破損においても多層化された強靱なポリエステルフィルムと粘着層により、破片の飛散による二次災害を防止し、ガラスの安全性を飛躍的の向上させます。

事例
保育園で園児がコップを振り回していてぶつけてしまい、ガラスが割れましたが、フィルムを施工していたためガラスが飛び散ることもなく、子どもに怪我もありませんでした。

 
 
 

防犯対策

不法侵入の約七割がガラス破りによるものです
近年増加している空き巣狙い。その中でも侵入方法の手口として高い割合で増加している手段がガラス破りです。住宅で一般的に使われているガラスは、数十秒で破ることが出来るため、泥棒は簡単に侵入してきます。防犯性能があると思われがちの網入りガラスでさえ実際は数十秒で破られてしまいます。

侵入までの時間稼ぎを!
空き巣狙いが侵入の手口としてガラス破りを選ぶ大きな理由として、やはり「時間がかからない」ということ。通常のガラスならば数十秒で破られてしまい、簡単に空き巣は屋内へ侵入ができます。逆に泥棒は侵入までに時間をかけ、目撃されることを嫌いますので、5分以内に侵入できなければ7割近くの泥棒がその家をあきらめるというデータもあります。まずは泥棒が侵入するまでの時間を稼ぐことが重要だといえます。


視界制御でプライバシー保護

美しい色調と反射効果は、周囲の景観や季節の変化に応じて多彩な表情を創ります。
濃色や反射タイプのフィルムは室内への視界制御が可能です。またマットタイプやデコラティブタイプなど意匠性の高いフィルムは、装飾やパーテーションにも適しています。

お申込・お問合せ先株式会社 デンタキ 高知支店
住所:〒781-0253 高知市瀬戸南町2丁目13-15-7
TEL:088-854-8344
FAX:088-841-6962
e-mail:info@dentaki.co.jp
フリーダイヤル:0120-97-9697


Copyright (C)dentaki CO.,LTD. All Rights Reserved.